FC2ブログ

担当衛生士

こんばんは!
毎日、本当に暑い日が続いていますね(><)


今日は当院の「担当衛生士制」についてお話したいと思います。

当院は患者さん一人に対し、担当歯科医師と担当衛生士を配置して、患者さんのお口の中をトータルケアできるように体制をとっています。

歯周病や虫歯はライフスタイルに起因することが大いにあります。
毎回同じ衛生士が患者さんのお口を管理することで、患者さんのライフスタイルの変化にいち早く気づくことができ、お口のリスクへッジがいち早くできるからと考えています。
特にお子さんの管理はお子さんを取り巻く環境やご家族の構成、年齢の変化に伴ってお口の中の状態も変化するので、同じ衛生士が担当することにはとてもメリットがあります。

そこで、ちょっと当院のスタッフ自慢♪
先日、当院の衛生士がなにやら一生懸命つくっているので、後ろから覗いてみると
なんと手作り賞状☆彡
篠崎

理由を聞くと、どうやら担当しているお子さんがやっと指しゃぶりを卒業できたとのこと(^^)
以前から指しゃぶりがひどく、歯列にも影響が出始めていたため、お母さんとお子さんと担当衛生士で指しゃぶり卒業に取り組んでいたところでした。

そのご褒美として、その子が好きだというヒーローの絵を描いた手作りの賞状でした。
絵も上手ですが、「がんばったで賞」とお約束を守れたお子さんにむけたメッセージがとても素敵でした。

患者さんの成長を、一緒に応援する。一緒に喜ぶ。
これこそが、担当衛生士ですね!素敵!
篠崎2
オカダデンタルオフィス 副院長 岡田陽子


スポンサーサイト
今ではCMでもよく耳にする『歯周病』

歯周病とは歯の周りの組織(歯肉,歯槽骨)の病気です❗

虫歯とは違い歯周病はほとんど痛みがなく気付かない間に進行している方が沢山います。

歯を失う原因の二大要因が『虫歯』と『歯周病』なんです😭💦

皆さんご存じでしたか?

歯周病に何故なるのか。。。
最大の原因はプラークです!


プラークは細菌の塊でこの細菌が歯肉を炎症させてしまいます❗

歯周病を予防するためには毎日の歯磨きと定期的な歯科でのクリーニングが必須となります✨

シンプルに言うと
『とにかくお口の中をキレイに保つ❗』
ということです🎵

しばらく歯科に行ってない方は痛みや症状がなくても1度検診に行ってみましょう🎵


歯周病の治療とはどんなことをするのか今日はチョットご紹介します✨

基本は病原性のあるプラークを超音波や専用の器具を用いて除去することです。
一般的にいう歯石除去ですね🎵

歯周病が進行してる場合、ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目にある溝が深くなってしまいます。

ポケットが深くなると細菌が繁殖しやすい環境になり、やがてポケット内に歯石が付いてしまいます。
ここまでなってしまうと普段の歯磨きでは落とすことは出来ません😢💦

ポケット内の歯根についた歯石を除石することをSRP(スケーリングルートプレーニング)といいます。

当院では初期~重度歯周病の方が1本でも多く歯を残していく為にSRPを行っています!!

歯肉の中を手の感覚で探り歯石を見付け除去するのは容易ではありません。

経験とスキルが必要です❗


そこでこの一年間当院の歯科衛生士4人は2日間✖3回のSRP実習セミナーに参加してきました🎵

今回参加させてもらったセミナーは長谷ますみ先生のmintセミナーです🎵

今まで使っていなかった形の器具を使って慣れない手先の細かい動き。。。正直とても大変でした(笑)
何が大変かといいますと慣れない細かい動きで指がつりそうになりました😅


それよりも得たものが大きかったです❤

簡単に確実に歯石をとるために適材適所で正しい器具を選ぶことにより、患者さんも長い間口を開けなくて良くなったり衛生士の私達も手の負担を軽減出来る🎵

今回新しく導入した器具を活用し、より的確なSRPを行い、少しでも患者さんのお口の健康を守る事が出来ればと一同思っております✨



歯科衛生士
赤城、宇賀神、篠崎、長谷川



遅くなりましたが。。。
明けましておめでとうございます🌅
本年もよろしくお願い致します✨


さて、この度年始早々私たち衛生士の長谷川・赤城は山形県の酒田市にある日吉歯科さんでセミナーを受けてきました❗
お題は。。。
『マルメ大学の歯科衛生士による歯周治療』です😏👍

マルメ大学とは歯科の先進国であるスウェーデンにあります🏫🎵

要は歯科の先進国である衛生士さんから歯周治療を直々に教えていただけるという貴重な機会でした❗

歯周病の病因論や診査・診断、歯周初期治療からメンテナンスまで基礎的なことを改めて学びなおすことが出来ました☺🎵







⚠歯周病の原因は、バイオフィルム(細菌の膜)の他に『タバコ🚬』や『糖尿病』『遺伝』『不良補綴物』『噛み合わせ』など様々なリスクファクターが組合わさって発症し進行に関与しています⚠

ですので歯科で定期的にメンテナンスを受けて歯周病から歯を守っていきましょう😆👍✨


歯科先進国であるスウェーデンではメンテナンスを90%の人が受けているのに対し、日本では2%しか受けていません❗
その為、残っている歯の本数に差があります❗
スウェーデンは日本と同じぐらい平均寿命が高いのに、日本と違って寝たきり高齢者が殆どいません👍❗
自分で自立して生活しているのでQOLが高いのです🎵✨


私達もメンテナンスの重要性を改めて感じました😭💦✨

衛生士の私たちに出来ることは、まずメンテナンスを受ける患者さんを増やし、口腔健康は全身へと繋がることを広めていけたらと思いました☺


皆さんもしっかりと口腔ケアを行い、メンテナンスを受け、『健康で長生き』を目指しましょう😆👍🎵

10回にわたり歯科助手講習会に参加させて頂きました。

講義は毎回違った専門の講師の先生が来て下さり、一般教養から歯科治療における共働動作、受付業務、消毒法など様々な項目でのお話や実技がありました。
その中でも一番印象に残った事はチームワークがとても重要だという事です。
受付がアポイントを取り、助手診療のアシスタントをし、ドクターが治療をし、歯科衛生士さんがメンテナンスをするといった、一つ一つがどれも重要で欠けてはいけない事なんだと分かりました。

講習を終えてみて『マナー』もとめも大切だと再確認しました。
言葉遣い一つでも丁寧な言葉遣いをする事によって、相手の対応も変わってきます。
これから自分達が働いていく中で、職場のスタッフは勿論、患者様に対しても、より良い関係を作っていく為にも、本当に大切な事だと分かりました。

今後は講習会で学んだ事を生かし、自分の仕事に誇りを持って、患者様に満足していただける様な医院を作っていこうと思います。
まだまだ未熟ではありますが、皆様どうぞこれからも宜しくお願い致します。

小篠・小林

続きを読む »

こんにちは! オカダデンタルオフィス 副院長 岡田陽子です。

早いもので、オカダデンタルオフィスも10月1日をもって5周年を迎えました!ぱちぱちぱち(^^)V

これもひとえに、患者さんや地域の皆さん、関係者の方々、そしてスタッフのおかげだと感じております。
本当にありがとうございました。


と、いうことで 
5周年を記念して先日スタッフ一同で旅行にいってきました!
行先は・・・・東京ディズニーシー!
IMG_2248_convert_20171108160000.jpg

天気にも恵まれて、楽しい一日になりました(^^)

連休ということもあり、園内は結構混んでいたため、「遊び足りない!!!!」といことになり、
夕食後、院長をホテルへのこして、女性陣は園内へ再入場!
閉園ぎりぎりまで遊び倒しました(^^)
IMG_2262_convert_20171108160701.jpg


また、オカダデンタルオフィスが5年を迎え、オープニングスタッフとしてずっとオカダデンタルオフィスを支えてくれた歯科衛生士の長谷川さんも祝勤続5年です。
IMG_2294_convert_20171108160357.jpg

これまでの感謝とこれからもよろしくということでお祝いをしました(^^)本当にありがとうございました。

開院してからの5年間、たくさんの出会いがあり、たくさんの発見があり、いいことも悪いこともすべてが、私たちオカダデンタルオフィスを成長させてくれました。もちろん、まだまだ至らない点もたくさんあると思いますが、これからも私たちは 「歯があることで送れる健康で豊かな生活~The Life with Teeth~」を合言葉に、地域医療の貢献に邁進してまいります。

これからもオカダデンタルオフィスをどうぞよろしくお願いします。





 | ホーム |  前のページ»»