上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、オカダデンタルオフィス 副院長 矯正歯科担当の岡田 陽子です。

今日はよくお母さんたちから質問を頂く「こどもの矯正治療の時期」についてお話したいと思います。

こどもの矯正治療には大人と違って成長力があるため、いつ、どんな治療をするかが重要になってきます。

顎の骨の成長力を利用することで、上下の顎のバランスを整えたり、顎の幅を広げたりすることができますので、
こどもの矯正治療には、将来生えてくる永久歯を並べる土台(顎)を整えるという目的があります。


そこで重要になってくるのが「上顎と下顎の成長の時期が違うということです。

02-02_convert_20120725021407.gif
これはscammonの成長曲線といいます。むずかしくなってきましたか?笑 名前は覚えなくて大丈夫です(^^)

簡単にいいますと、人体を4つの組織に分けて何歳のときに成長のピークを迎えているかを示したグラフです。
神経組織をみてください。
実は生まれてから5歳になるまでに神経組織はすでに80%もの成長を遂げています。
5歳児も神経組織だけを見ると、もう立派な大人なんですね(^^)

そして上顎がこの神経組織の成長曲線に似た成長をたどることがわかっています。

つまり、上顎が前に出ている(いわゆる出っ歯)子供さんは幼児からの治療、遅くても小学校低学年までには上顎の成長を抑制させる治療を開始したいところです。
また、受け口で上顎の成長が劣っている子供さんもはやくから上顎の成長を促す治療を開始できると治療の効果が得られやすいといえます。

一方、下顎の成長は全身組織の成長曲線に似た成長をたどることがわかっています。つまり小学校中学年~高学年に成長が加速して、思春期まで成長が続くといえます。(身長と同じと考えてください)

たとえば、下あごの成長が劣っていることでより上あごが出て見える、つまり出っ歯になっている子供さんには身長が伸びる小学校中学年~高学年にかけて、下顎の成長を促すような装置を使うと、より治療の効果が得られやすいのです。

すこしむずかしいお話になりましたが、重要なのはとにかく、「上顎と下顎の成長の時期が違う」ということです。

もし、お子様のかみ合わせに問題があるとお思いならば、上顎・下顎のどちらに問題があるのかを早期に調べておく必要があります。

この時期にしか出来ないことが必ずあり、お子様にその機会を与えてあげることができるかどうかは、お母さんお父さんの理解と愛情にかかっていると思います。

ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください(^^)

オカダデンタルオフィス 副院長 岡田陽子










スポンサーサイト
おはようございます。オカダデンタルオフィス副院長の岡田陽子です。
最近は雨の日が続いていて、寒暖の差が激しいですね。皆様、体調を崩さないようにお気をつけください(^^)

今日は当院の紹介を簡単にさせて頂こうと思います。
先日も紹介させていただきましたが、現在院長はインプラントセンターである大塚歯科クリニックにて、私は矯正専門医院の三田矯正歯科医院で勤務しています。
院長は予防や虫歯治療、歯周病、抜歯、入れ歯等、一般歯科治療はもちろんのことインプラント治療などの高度な歯科治療にも従事して参りました。一方、私は子供から大人まで歯並びをコントロールする矯正歯科治療に従事して参りました。

オカダデンタルオフィスは専門分野が違う二人の歯科医師が相談しながら治療を進め、密に連携をとることができる為、お口の管理をオールマイティにできるという点が強みだと考えております。

みなさんはかかりつけ歯科医院ありますか?

赤ちゃんの時からおじいちゃんおばあちゃんになるまで、お口の状態はエイジングと共に変化していきます。健康なお口の状態を保つためには、ご自身の努力はもとより定期的な歯科医院でのメンテナンスが重要になってきます。毎日洗髪をしていても美容院にいって髪を整えると同じように、毎日歯磨きをしていてもかかりつけ歯科医院でプロフェッショナルなケアを受けることが重要なのです。

当院は患者さんのすべてのライフステージにおいてお口の管理を行い、歯があることで送ることができる健康で豊かな生活
「The Life with Teeth」
をサポートしていけるようなかかりつけ歯科医院になりたいと考えております。

オカダデンタルオフィス 副院長 岡田 陽子

建築現場2

おはようございます。オカダデンタルオフィス、矯正歯科治療担当、副院長の岡田陽子です。

毎日暑い日が続いていますが、みなさんは夏バテ大丈夫ですか??
最近は熱中症対策グッズが充実しているようで、現在治療にきている子供たちも首に冷たいバンダナのようなものを巻いているのをよく見かけます。しかも、星柄だったり、ハート柄だったりと様々で、素敵に洋服とコーディネートしているんです(^^)おしゃれさんですね。

では、前回に引き続き建設現場の状況です。
4_convert_20120719064515.jpg
昨日、設計士さんが写真を送ってくださりました。
診療室の窓が張られたようです。当院は全室完全個室です。患者様にプライベートな空間で安心していただき、プライバシーに配慮した安全で丁寧な治療を提供したいという院長の強い要望により実現しました。
南側は全面窓ですので開放感もあります。風景を眺めながら落ち着いた空間の中でお口のケアを受けていただければと存じます。

オカダデンタルオフィス 副院長 岡田陽子

建築現場

おはようございます。オカダデンタルオフィス 矯正歯科治療担当、副院長の岡田陽子です。
現在オカダデンタルオフィスは宇都宮市西川田の姿川地区センター前に建築中です。

普段は私は横浜の矯正専門医院、三田矯正歯科医院で、院長は川崎のインプラントセンターである大塚歯科クリニックで勤務中ですので、頻繁に建築現場を見に行くことができませんが、建築設計士さんが写真をおくってくれるのでその写真を見ながら医院が建ちあがるのをいまかいまかと楽しみにしております。

すこしばかりですが、先日宇都宮に見に行ったときの写真を・・・
現在はもっと進行しているかもしれませんね(^^;)
1_convert_20120718222506.jpg
まずは看板です。ロゴマークと建物の完成予想図ですね。ロゴはオカダデンタルオフィスokada dental office=略してo.d.o から考えました(^^)今年は金環日食もあったので、似てますよね笑

2_convert_20120718222749.jpg
つぎは建物です。平屋の建物ですが、受付・、待合部分は6mの吹き抜けになっています。設計士さんに、「ランドマークになるような建物を」という要望をだしたところ「ランドマーク」=「横浜」=「港」=「灯台」というイメージでつくってくださりました(^^)
ぜひ、お口のケアでお困りの際はオカダデンタルオフィスの光をさがしてくだい(^^)

ブログ初診者なものでここまで書くのに1時間ちかくかかってしまいました(^^;)
また次回に建築現場の報告をさせていただきます。

ブログ開始

オカダデンタルオフィスのブログを開設しました。これから様々な情報を発信していければと思います。ご一読お願いします(^^)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。