FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-20

こんにちわ オカダデンタルオフィス院長の岡田です.

今日は梅雨の合間の晴天でしたね.私は娘とプールに行きました.暑さをしのぐには最適でしたね.
娘が泳げるようになっていたのには驚きでした.
「成長ってすごいですね.」

ところで,先月末に当院の赤城衛生士と,酒田市日吉歯科のU-20セミナーに参加してきました.
U-20とは,アンダー20と読みます.よくサッカーの日本代表で聞きますよね.アンダー22とか.
そう!つまりU-20とは二十歳以下の歯科医療を意味しています.

「生涯健康な口腔を維持するために,子供たちに正しい教育を施しながら,すこやかな成長を促す歯科医療」といったところでしょう.

単純に小児歯科?と思われるかもしれませんが,意味合いが異なりますね.
分かりやすく言うと,

どのようにしたら,子供が泣かないで,上手にお口を開けて治療ができるか?」=これが「小児歯科

どのようにしたら,虫歯も無く,歯茎の炎症も無く,審美的で健康な機能を営むお口を育てることができるか?」=これが「U-20

かなり,意味合いが違うでしょ?深いんです.U-20


子供たちのお口の中では,生え変わりがあったり,顎の骨の成長があったり,心が成長したり,成長に伴って環境が変化したり,勉学,部活動の影響や食生活習慣の変化など,多種多様な要因が複雑に絡み合い,お口の中に表現されてきます.

子どもの歯科治療って簡単だと思っている方,多いのではないでしょうか?
あるいは子どもは「泣く,叫ぶ」から大変だと思っている方,多いのではないでしょうか?

子どもは大人のミニチュアでは無いんですね.大人の歯科治療ができるからと言って,子どもの歯科医療が出来るわけではないんです.子どもたちには「成長」という大人には無いプロセスを考えなければいけません.
子どもの歯科医療は泣き叫ぶから難しいのではなく,上記を考慮してさまざまな知識や経験をフルに使って対応しなければならないから難しいのです.でないと,後々大変なことになってしまう場合もあります.

そういう意味では,大人の医療よりも,はるかに専門性が高い医療なんです.

まさに「成長ってすごいですね」

当院でも,U-20歯科医療チームとして,陽子先生と赤城衛生士,宇賀神衛生士,篠崎衛生士が専門に担当しています.

日吉歯科での,セミナーでは,U-20の歯科医療について,深く学んで参りました.
子供たちの健康ですこやか成長を,もっともっとお手伝いできるよう,スタッフ一同頑張って参ります.


IMG_20150628_160732_convert_20150712182530.jpg



スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。