FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ オカダデンタルオフィス 院長の岡田です.

夏の猛暑もすっかり落ち着き,あっという間に秋の陽気ですね.
最近は長袖を着る機会も増えてきましたね.
気温の変化も大きいので,体調には十分お気をつけ下さい.

さて,先日23日に,KOデンタル宇都宮にて第3回歯科衛生士合同セミナーが開催されました.
半年おきの定期開催で,今回で早3回目を迎えます.
参加される医院やスタッフも毎回増え,今回は満席でした.
今回は新たな医院発表が2件増え,回を増すごとに,にぎやかになっております.

ドクター,衛生士全員で参加してまいりましたが,各医院とも様々な取り組みを行っており,大変勉強になります.
とくに歯科衛生士が自ら考え,まとめ,発表し,それを各医院の衛生士と共有していくこの勉強会は,私たちの医院にとってとても大切な場です.

今回当院からは,成人部の衛生士である長谷川さんと廣田さんが「歯周治療を再考する」というテーマで発表してくれました.
今回の発表のきっかけは,「患者さん」です.

ある時,彼女たちが歯周病の患者さんに,治療の説明をしていたそうです.
その方は,歯周病が進行しており,通常の初期治療を行っただけでは十分な回復が認められずに,さらなる歯周外科治療が必要だったそうです.歯科衛生士として,患者さんに病状やこれまでの治療結果を説明し,さらに手術(特に再生療法)が必要であることをお話したそうです.
すると,その患者さんから,「手術の適応症,効果,有効性,過去報告されている治療成績,リスク等について聞きたい」と言われたそうです.ふだんなんとなく理解していたつもりでも,きちんと整理できていなかったために,その時は答えに苦慮したそうで,
「自分たちでもう一度,歯周治療を考え直してみよう.それをきちんと整理して発表しよう.そうすれば患者さんにもきちんと理解してもらえるはずだ.」ということで,今回,歯周治療をまとめてくれました.

過去の文献を紐解き,分かりやすくまとめてくれ,他院の衛生士さんたちにも大変参考になる発表だったと思います.
さらに,その後,患者さんへも報告を行い,きちんと理解を得ることが出来たので,先日無事に,オペを終了いたしました.
患者さんはとても感謝していました.

「患者さんのために,学んでいる」 それを実感できたセミナーでした.

お疲れ様でした.また来年2月に.


IMG_0999.jpg

IMG_0998.jpg
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。