FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。小児部担当の歯科衛生士 宇賀神・篠崎です。

先日、私たちは「M・I・H・O MFT Seminar」に参加させて頂きました。
MFTとは?と思う方もいると思いますが、MFTとは口腔筋機能療法の略で、
指しゃぶりなどにより二次的に生じた舌を出す癖や口呼吸によりゆるくなった口唇を訓練によって調和の取れた状態に
改善する療法で、口腔機能の改善を目指し舌や口腔顔面筋を訓練し筋肉を協調させる療法です。

当院は多くの小児の患者さんがご来院いただいております。
初診時のお口の中をチェックをする際、悪習癖や舌の癖があるお子様は大半です。
まず想像してください。皆さんは安静にしている時お口の中にある舌の位置はどこにありますか?
その舌の位置で歯並びが悪くなっているかもしれません。。。
舌の正しい位置(スポット)とは、口蓋の切歯乳頭後方部と言われる所です。
蝗ウ1_convert_20160920111338


MFTにおいてスポットは大変重要なことです。
まずは口を大きくあけ舌の先っぽをスポットにつけてみましょう!!
自分自身やお子様の癖をよく観察してみましょう。
呼吸・姿勢・嚥下・咀しゃく・発音・表情など・・・・・・
MFTを行うことで改善される点が沢山あると思います。

MFTを行う上で大切なのは習慣化なので、まずは継続をし習慣化させること。
悪習癖を直すことで虫歯予防にも繋がります。

今回MFTのセミナーを受けて今まで無かった知識が広く学べてとても良かったです(^∇^)ノ
DSC_2060.jpg
(実際トレーニングしてきました!)
是非、自分の口の中の癖等がある方は、MFTを受けてもらいたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okadadental.blog.fc2.com/tb.php/101-7eca591c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。