上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今ではCMでもよく耳にする『歯周病』

歯周病とは歯の周りの組織(歯肉,歯槽骨)の病気です❗

虫歯とは違い歯周病はほとんど痛みがなく気付かない間に進行している方が沢山います。

歯を失う原因の二大要因が『虫歯』と『歯周病』なんです😭💦

皆さんご存じでしたか?

歯周病に何故なるのか。。。
最大の原因はプラークです!


プラークは細菌の塊でこの細菌が歯肉を炎症させてしまいます❗

歯周病を予防するためには毎日の歯磨きと定期的な歯科でのクリーニングが必須となります✨

シンプルに言うと
『とにかくお口の中をキレイに保つ❗』
ということです🎵

しばらく歯科に行ってない方は痛みや症状がなくても1度検診に行ってみましょう🎵


歯周病の治療とはどんなことをするのか今日はチョットご紹介します✨

基本は病原性のあるプラークを超音波や専用の器具を用いて除去することです。
一般的にいう歯石除去ですね🎵

歯周病が進行してる場合、ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目にある溝が深くなってしまいます。

ポケットが深くなると細菌が繁殖しやすい環境になり、やがてポケット内に歯石が付いてしまいます。
ここまでなってしまうと普段の歯磨きでは落とすことは出来ません😢💦

ポケット内の歯根についた歯石を除石することをSRP(スケーリングルートプレーニング)といいます。

当院では初期~重度歯周病の方が1本でも多く歯を残していく為にSRPを行っています!!

歯肉の中を手の感覚で探り歯石を見付け除去するのは容易ではありません。

経験とスキルが必要です❗


そこでこの一年間当院の歯科衛生士4人は2日間✖3回のSRP実習セミナーに参加してきました🎵

今回参加させてもらったセミナーは長谷ますみ先生のmintセミナーです🎵

今まで使っていなかった形の器具を使って慣れない手先の細かい動き。。。正直とても大変でした(笑)
何が大変かといいますと慣れない細かい動きで指がつりそうになりました😅


それよりも得たものが大きかったです❤

簡単に確実に歯石をとるために適材適所で正しい器具を選ぶことにより、患者さんも長い間口を開けなくて良くなったり衛生士の私達も手の負担を軽減出来る🎵

今回新しく導入した器具を活用し、より的確なSRPを行い、少しでも患者さんのお口の健康を守る事が出来ればと一同思っております✨



歯科衛生士
赤城、宇賀神、篠崎、長谷川



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okadadental.blog.fc2.com/tb.php/114-a58be90c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。