FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカダデンタルオフィスに勤務して約一年が経ちました。
歯科医院に勤めるのは初めての私にとって、覚えることは山のようにあります。w(゚o゚)w

先日は、10日間にわたり歯科助手講習会に参加させていただきました。

講習会では、歯科医療に携わる一員としての心構えから治療や薬品、感染予防まで専門的内容を学べたことは勿論のこと、普段は関わることのない他院の方たちと交流し意見交換ができたこともとてもよい勉強になりました。(*^_^*)

 内容盛りだくさんの講習の中でも、特に印象に残ったのは歯周病治療の講義中に出てきた「口腔内(歯周病)と全身疾患の関係性」についてです。
歯周病は「国民病」と言われ悲しいことに30代の8割が歯周病であるといわれています。(;゜0゜)
その歯周病が心疾患や誤嚥性肺炎、その他様々な疾患を引き起こす原因となっているというのです。
歯周病の細菌が歯肉を通じて血液中に流れ込みで血栓ができたり、誤嚥によって気管に入り込んだ歯周病菌が肺炎引き起こしたりすることが確認されています。
また、恐ろしいのは歯周病と糖尿病。相互作用でどんどん悪化していってしまいます(;-;)口の中の菌が全身を巡って大きな病を引き起こすなんて恐ろしいですね。。゚(゚´Д`゚)゚。

 歯って本当に大切なのです。お口の衛生状態って人生に関わることなのです。
改めて歯科医院の役割の重要性を感じた講義でした。

私自身、歯が痛くならない限り歯科には行かない性分でしたが、オカダデンタルオフィスと出会い、予防歯科という言葉を知ってから予防の大切さをひしひしと感じています。
歯周病は初期の段階では自覚症状がないのでなかなか歯科に行こうという気にはならないでしょう。しかし正しい管理をしなければ知らぬ間に進行してしまい将来困ることになります。(ou(工)u)ノ

皆様の大切な歯を守るために、未熟ではありますが私もオカダデンタルオフィスの一員として今後もお手伝いさせていただきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。                                                 
大森
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okadadental.blog.fc2.com/tb.php/116-0fe97368

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。