FC2ブログ
こんにちは、オカダデンタルオフィス 矯正歯科治療担当 副院長の岡田陽子です。

院長がブログに登場して以来、ご無沙汰しておりました。

先週仙台にて株)プロシードさん主催の「インプラント矯正セミナー」に出席してきましたので、今日はインプラント矯正についてお話したいと思います。

通常、スタンダードな矯正治療ではワイヤーでつながった"歯と歯"が、お互いに引っ張り合うことによって自然に移動し、歯並びが整っていく、という仕組みになってます。

「インプラント矯正」は、小さなスクリュー(インプラント)を歯茎に入れ、これを引っ張る土台(固定源)にして歯を動かしていきます。今までの方法とは違い、休みなく引っ張り続けるので、治療期間が短くなりますし、より確実で精度の高い治療結果を得ることができます。
img009_convert_20130205125513.jpg


「インプラント」と聞くと、痛そう、手術が怖い、費用がかかる、などのイメージ をお持ちの方が多くいらっしゃいます。しかし、一般的に認知されている「インプラント」と「インプラント矯正」は全く別のものです。
矯正用のインプラントは上の図のようにかなり小さく、治療後は撤去します。

また、実際インプラント矯正を行っている患者さんに痛みについて聞いてみると、術前に予想していた痛みよりはるかに痛みが少ないようです。

歯並び、インプラント矯正治療に関してご質問がある方はご遠慮なくご連絡ください。

オカダデンタルオフィス 岡田陽子


















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okadadental.blog.fc2.com/tb.php/34-07cb1633

 | ホーム |