上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBIセミナー

こんにちは、オカダデンタルオフィス歯科衛生士 廣田です。

6月10日オラールケアーの方をお招きしてTBIセミナーが開催されました。
毎日患者様に歯ブラシ指導をさせていただいておりますがとても勉強になることばかりで、
更なるレベルアップをすることが出来ました。
IMG_0072_convert_20140619220327.jpg



虫歯予防にも歯周病予防にも毎日汚れをしっかり落とすことが大切です。
そのために歯ブラシ指導はとても大切なものですが、衛生士が一方的に「こうしてください、ああしてください」
と言うのではなく、まずは患者様に自分のお口の中を理解し興味を持って頂くことが重要だそうです。
確かに興味の無いことは頭に残りませんよね!

みなさん自分のお口の中を見たことがありますか?
当院では初診の時にお口の中のお写真を撮らせて頂き患者様に見ていただいております。私たち衛生士も患者様のお口の中を良く知るためにお口の中のお写真は大切なものですが、患者様に見て頂くことによって興味を持っていただけるのではないかと思います。

次に大事なことはリスク部位からの歯磨きだそうです。
リスク部位とは一番虫歯になりやすいところ、歯周病の炎症が起きやすいところのことです。
ではリスク部位とはどこでしょう?
虫歯も歯周病もリスクが一番高いのは歯と歯の間だそうです、それも奥歯の歯と歯の間が一番リスクが高いそうです。

リスクの高い歯と歯の間の汚れをしっかり落とすためにも3列歯ブラシよりも先にフロスやタフトブラシを使って歯と歯の間の汚れを落とすそうです。
これはフロスやタフトブラシは補助的な道具と考えていた私たちにとって衝撃的でした。

みなさんはフロスやタフトブラシをお使いですか?
正しい使い方を知っていますか?

これからは今まで以上にフロスやタフトブラシの正しい使い方をみなさんにお伝えして、リスクを下げすようなご指導をさせて頂こうと思いました。

オカダデンタルオフィス 歯科衛生士 廣田 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okadadental.blog.fc2.com/tb.php/66-d05ea1c9

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。