FC2ブログ

健康の価値

皆様、こんばんわ。オカダ デンタル オフィス 院長の岡田です。

11月も学問の秋は続いておりまして、随分と滞ってしまいました。
気がつけば随分と寒くなって参りましたね。いよいよ冬将軍の到来です。
いよいよ師走、今年も残りわずかです。年末は何かと忙しくなりますよね。
寒さと多忙でお体を壊さぬよう、皆様、健康には十分ご留意下さい。

さて、皆様、10月27日に放送された「プロフェッショナル」ご覧いただけましたか?
素晴らしい内容でしたね。45分という短い時間でしたが、熊谷先生のエッセンスは十分に伝わったのではないかと思っています。
さすがNHKさんですね。
皆様にはもっともっと歯科の本質を知っていただきたいので、できればNHKさんには、是非特番や第2段などを考えていただきたいです。
放送以降、当院にも多くの方から、ご連絡やご予約を頂いており、反響の多さに大変驚いております。
多くの皆さんが、待ち望んでいる歯科医療ということなんだと思います。
熊谷先生をはじめ、全国のオーラルフィジシャンの先生方のところにもとても多くの反響が届いているようです。
全国この芽が芽生え、大きな花を咲かせることが出来るよう、私たちも頑張ります。

そしてまだ、ご覧になっていない方には朗報です。当院ではDVDの貸し出しを始めました。
お気軽にスタッフにお声掛け下さい。

ところで、先日人間ドックに陽子先生と行って参りました。
日頃、口腔の「健康の価値」を皆様にお伝えしておりますが、全身の健康も当然大切です。
結果はまだ出ていませんが、昨年よりも体重が増えておりました。(昨年が痩せすぎでしたが・・・)
節制しなければなりません。「気持ちとお腹」の引き締めが必要です。
改めて「健康の価値」に気づかされました。
健康」であること。当たり前のことかもしれませんが、とても大切ですよね。
お口も身体の一部です。お口が健康であるために、大切なこと。
それは「セルフケア」と「メインテナンス」。これこそが健康維持に大切なことです。
これからの歯科医院は、痛みを治す医療から、痛くならないための医療(健康を維持する医療)へと向かうべきですね。
まさに「プロフェッショナル」の通りです。

しかしながら、皆さん!実は「人間ドック」には健康保険が適用できないことはご存知ですか?
「え!」っと思われた方もいるかもしれませんが、本当です。
これは、日本の保険医療制度が「疾病に対して給付する医療制度」だからなんです。
もし皆さんが、ケガや病気になったとき、たった1枚のカードで、全国の医療機関にいつでもどこでも受診することが出来る。
これって、実は世界的にみて、とてもすごいことなんです。こんな国なかなかありません。
ですから、日本は、病気や怪我になったときはとっても安心の国なんです。

ですが、よくよく考えると、誰だって病気にはなりたくない。いくら、安くいつでもどこでも受診できるとはいえ、痛い思いはしたくないし、お金や時間だって、失いたくない。何より健康が損なわれてしまう。病気を未然に防ぐことが出来るなら、予防したいはずです。

しかし、日本の医療制度では「予防」に対しては一切保険が適用できません。
実は、これが問題です。

「人間ドック」。 皆さん決して安くは無いですよね。だとすると、中には受診しない方もいるかもしれません。結果として、病気が発症、重症化するケースがあるとすれば、多くの時間と医療費と健康が損なわれます。日本では病気をして初めて保険医療費が支払われます。その額は決して安いものではないでしょう。
これは歯科においても全く同じことが起こっています。
はたして、この医療制度は今の日本に正しいのでしょうか?

少子高齢化がすすみ、保険料を納める人が減り、使う人がどんどん増える。社会保障費は天井知らずです。
財源が限られるなら、疾病に対する給付に限定するのではなく、
もし「予防」できる疾患であれば、財源を適切に配分し健康の価値を守ることに注力することで、生涯医療費を抑えることが出来るのではないでしょうか?
30年後の日本はどうなっているのでしょう?取り返しのつかなくなる前にこれからの日本には大きな変革が求められる気がします。医療に携わっていると、経済や政治、社会の仕組みについて明日の日本の考えます。

もうすぐ選挙ですね。身近なところに政治は落ちています。無関係ではいられません。
目先のことでなく、中長期的な視点で真面目に考えてくれる方に投票したいと思った「人間ドック」でした。


バリウムは、やっぱり辛かったんですが、
終わって飲んだトトロはとっても美味しかったです。ほっこり。

IMG_20141120_132629_convert_20141130170606.jpg


オカダデンタルオフィスのHPはこちらから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okadadental.blog.fc2.com/tb.php/76-a1b33f97

 | ホーム |