上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感染対策

オカダデンタルオフィス 岡田です。

本日連続投稿です。 最近は、書くときにまとめて書く癖がついてしまっているようです。
本当はこまめに更新したいところですね。

あの「ヤホー」にも、また出ていましたね。
今日は朝の情報番組「とくだね」でも特集されていました。

「歯科医院での切削器具の使い回し」「手袋の使い回し」の記事です。

2014年にタービンの使い回しの件が出た際にも、ブログを書きましたが、
またこのような記事が出てくるとは。そして当時と変わらず、使い回しが多いとの内容・・・・。
このようなことが生じる理由は、いろいろ言われておりますが、
第一に「患者さんファースト」で考えれば、おのずとやるべきことは決まってくるはずなんですがね。

当院では、すべての医療器具の洗浄・消毒・滅菌を徹底し、感染予防対策に非常に力を入れています。


使い回し報道のあった切削器具については、用の滅菌器(DACユニバーサル:SIRONA社)を導入し、患者さんごとに必ず滅菌したものを使用します。

手袋についても、すべてのスタッフが患者さんごとに交換し、使用したものは廃棄いたします。

口腔内に直接触れる3WAYシリンジ(エアーや水がでるノズル)についても、使い捨てのものを使用し、使い回しは致しません。

医療環境はすべての診療台が完全個室診療であり、患者さんの飛沫やプライバシーが、他に漏れることはありません。

また個室診療室には、すべての部屋に口腔外バキューム(吸引器)を設置し、空気中に飛沫する水や切削片などを外部に漏らしません。

高圧蒸気滅菌機(DACプロフェッショナル:SIRONA社)はクラスBのグレードのものを使用しております。このクラスBとは滅菌器の中で最高基準の滅菌器を意味します。

当院の医療環境は世界的には標準的な医療環境ですが、日本の歯科医療環境は、世界的にみるとガラパゴスです。
(例えるなら、当院の医療環境はスマホですが、多くに日本の歯科医療環境はガラケーであるかもしれません)

正直、記事に出ている出来事は、当院では考えられない医療水準です。 

しかしながら、このような医療環境を整備するためには、当院が多大なるコストを負担していることも、皆様にはご理解いただきたいと思います

医療安全

こんばんわ。オカダデンタルオフィス 岡田です。

梅雨ど真ん中ですね。各地で大雨情報が出ています。
最近は、ゲリラ豪雨のような大雨被害が、各所でみられることが多いですね。
天災はどうにもなりませんが、備えだけはしておきたいものです。

備えといえば、我々医療機関においても、常に安全管理についての備えがとても重要です。

先日、2日間にわたり、スタッフ全員で、医療安全講習を受講してきました。
患者さんが倒れた時、もしもの時、医療従事者として、最低限必要な知識と技術を、アップデートしてきました。
普段、そのような出来事に出合わないよう、患者さんの既往歴の確認や生体モニターを使用してのモニタリング等、事故を未然に防ぐ取り組みを行っておりますが、万が一の時に備えることも、とても重要です。
普段、経験することが無いことだけに、どうしても忘れがちですが、
スタッフ全員で、最新の医療安全と心構えを、身に着けるとても良い機会となりました。

「備えあれば憂いなし。」 皆様に安心・安全のために。


IMG_0994[499]_convert_20170705190857



f.jpg



20170629_151850_convert_20170705190949.jpg


皆様こんばんわ。オカダデンタルオフィス 院長の岡田です。
ブログの更新は不定期ですが、書きたい気分の時は、まとめ書きです。(笑)

あの「 ヤホー! 」のトップページに、超うれしいニュースが掲載されました。
なんと、「歯科メインテナンス」について、4ページに亘って掲載されました。

メンテナンスが、トップニュースを飾るなんで、それだけ今、メンテナンスが熱い!!ということです。

私たちは、目の前の患者さんの健康のために、日々色々なお話をしていますが、
なかなか、上手に伝わっているのか、いつも不安です。
しかし、こうしてメディアで大きく取り上げていただけると、
皆さんの健康意識が劇的に変わってくれます。
私たちの考える医療を進めるうえで、大きな後押しとなります。

本当に、私たちが伝えたいことが書かれていますので、
是非、皆さん 下記のURLをワンクリック!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00010000-yomidr-sctch&p=1
皆様、こんばんわ。オカダデンタルオフィス 院長の岡田です。
新緑がとても綺麗で、この時期はとても気持ちがいいですよね。
五月晴れが多くて、気温も暑すぎなくて、なんだか元気が出てきます。

今日は皆様にご報告があります。
5月をもちまして、当院の歯科衛生士 廣田さんが退職致しました。
当院には、開業後1年で入社してくれましたので、約3年半務めてくれました。
廣田さんは衛生士としてのキャリアも十分で、
年齢的にも若い衛生士さんたちを引っ張ってくれていた母親のような存在でしたので、
私を含め、スタッフ全員とても残念でした。
特に、廣田さんが担当の患者さんへのお別れの挨拶を伝えると、
どの患者さんもとても残念そうにしており、
そうした場面を何度も見るたびに
私自身、「彼女が衛生士として本当に患者さんから多くの信頼を得ていたのだな」と
とても嬉しさを感じると同時に、残念さが何度も込み上げてきました。
患者さんの中には、お手紙や寄せ書きなどを準備してくださる方もいらっしゃって、
本当に暖かなお別れとなりました。
彼女の決断を尊重し、
ここで学んだことや経験したことを大いに生かし、
新しい人生が輝くものになることを願っています。
廣田さん、長い間、とてもお世話になりました。
ありがとうございます。  



                最終日の集合写真
1495619784900_convert_20170602214043.jpg



                スタッフ全員で作ったメッセージボード1495619728444_convert_20170602214009.jpg



そして、6月からは歯科助手として勤務してくださる新しいスタッフを迎えています。
別れがあれば、出会いもある。
これからがとても楽しみなオカダデンタルオフィスでした。\(^o^)/

医療の質

こんにちわ。オカダデンタルオフィス 院長の岡田です。

当院のHPが一部リニューアルしました。
ずばり、タイトルは「医療の質」です。

医療機関に求められる「質」はさまざまあるかと思いますが、当院が考える「医療の質」をまとめてみました。

当院が、少しずつではありますが地域医療に貢献できていることを示した内容ではないかと思います。

一方で、「課題はまだまだあるな」と感じました。もっともっと、頑張ります。

皆様、是非ご覧ください。

「医療の質」はこちらから

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。